セロトニン不足と熟睡できない原因

セロトニンが不足すると夢ばかりみて熟睡できなくなるのか?

セロトニンという物質を聞いたことありますか?

 

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響を与える物質のことで
ドーパミンやノルアドレナリンと並んで体内で特に重要な役割を果たしている
3大神経伝達物質の1つになります。

 

ドーパミンは、快感を増幅する物質

 

ノルアドレナリンは、神経を興奮させる物質

 

セロトニンの役割は、上記2つの暴走を抑えることで
心のバランスを整えてくれます。

 

 

そんな重要な役割を持つセロトニンですが
不足することで精神面が崩れやすくなり
気分が不安定になります。

 

気分が不安定になりやる気がなくなる

 

 

しかも気分だけでなく、夜眠り朝目覚めるという
通常のサイクルにも影響が出てしまいます。

 

 

セロトニンが不足したらどうやって分かるのか?

 

セロトニンが不足すると様々な症状が出ます。

 

やる気や集中力が無くなる

怒りっぽくなる

イライラする

食べ過ぎたり、食欲がなくなったりする

偏頭痛がする

ストレスが溜まりやすい

寝つきが悪い

眠れない

欲求不満

 

など

 

あなたも経験があると思います。

 

こんな症状で悩んでいるのならセロトニン不足の可能性が高いです。

 

 

セロトニンが不足した状態が長く続けば
うつ病やパニック障害など精神的な病気に発展する
可能性
もあるのでセロトニンが不足しないように
規則的な生活や適度な食事、運動を行いましょう。