熟睡するための寝る前の準備とは

寝る前にテレビやパソコンをしていると不眠の原因に?

寝る前にテレビやパソコン、スマホをしていると
不眠症になったり、よく眠れないときがあります。

 

寝る前 スマホ

 

 

理由として

 

テレビやパソコン、スマホなどの画面の光が
目に入ることで、交感神経を興奮させてしまい
目がパッチリと覚めてしまい眠れなくなる場合があります。

 

ブルーライトと呼ばれている光ですね。
ブルーライトは、睡眠リズムを狂わせてしまう光です。

 

 

この青色の光を目が浴びることで
脳を目覚めさせてしまう働きがあります。

 

 

また、目の周りの筋肉も緊張することで
ピントがぶれやすくなったり、肩や首も疲れてしまい
眠たいのに寝れないという睡眠リズムが乱れてしまう
結果となります。

 

 

対策としたら

 

寝る前の3時間ほど前からパソコンやテレビなどを
見ないで、室内の電気も間接照明にすることで
光が直接目に入らなくなります。

 

 

交感神経を鎮めることで
体内の交感神経が副交感神経へスイッチが入り
体と心もリラックスできることで眠たくなります。

 

これが自然と眠りにつける方法です。

 

 

当然、これだけでなく
適度な運動や食事バランス
入浴をして体を清潔に保つ
ストレスをためない
など

 

他にも大切なことはありますが

 

毎日の睡眠の質を上げたいと思う人は
寝る前の準備をすることで
体のスイッチが眠りモードに切り替わります。

 

寝る前の準備

 

睡眠薬を利用して眠りにつくのは
結局最終的にいろいろとやってみて
改善しなかった場合のみ

 

医師の処方を受けて使うということを
覚えておきましょう。