夢ばかりみて熟睡できない

夢ばかりみて熟睡できないのは何故?睡眠の質を悪くしている習慣は?

疲れを取るために寝ているのに
寝るたびに夢をみてしまい
朝起きると疲れている。

 

そんな悩みで困っていませんか?

 

熟睡できない

 

夢ばかりみてぐっすり眠れない原因は
睡眠の質を悪くしている習慣が
関係しているからかもしれません。

 

 

睡眠の質を悪くしている習慣がありませんか?

 

仕事にストレスを感じている
寝るときの気温の変化や騒音に悩まされている
寝具が合っていない
アルコールを飲んでいる
寝る前にテレビやパソコンを見ている
運動をまったくしていない
冷え性で悩まされている
タンパク質&脂質がメインの食事が好き

 

あなたは、上の習慣でいくつ当てはまりましたか?

 

睡眠の質が悪くなる習慣を続けていると
睡眠不足が慢性化してしまい、うつ病や精神疾患などの
病気になる場合もあるので、早急な改善が必要です。

 

 

 

睡眠の質を良くする習慣や方法

 

睡眠の質が悪ければ、いくら睡眠時間をとっても
ぐっすり眠れないので、朝起きても熟睡感が味わえません。

 

睡眠時間を長くとっても熟睡できない人は
睡眠の質を良くする習慣や方法を実践してみて下さい。

 

 

ストレスを解消する方法を探そう

仕事やプライベートで嫌なことがあると
意識しなくても頭の中で考えてしまい
それがストレスとなります。

 

ストレス 眠れない

 

ストレスは睡眠の質を低下させるので
悩み事や心配事があるときは、紙に書き出すことで
頭がスッキリします。

 

頭の中でモヤモヤするよりは
メモに書き出して、一旦忘れようとすることで
ストレスが減って、睡眠の質も良くなります。

 

メモ 書き出す

 

頭の整理にもいいですし、頭をスッキリさせる
習慣を身につけることで熟睡できるようになります。

 

 

寝るときの環境を整える方法

寝るときの環境(明るさ、音、温度、寝具)はとても重要です。

 

部屋を薄暗くしたり、真っ暗にすることで
睡眠の質が良くなるメラトニンが分泌しやすくなります。

 

テレビや音楽をかけていないと眠れない人も
多いみたいですが、寝るときは基本静かな
環境が睡眠の質が良くなります。

 

静かすぎて眠れない人は、軽く音をかけてもいいですが
朝まで音があると夜中に目が覚めやすくなるので
タイマーで音が消えるように設定しておくといいです。

 

音は、クラシックや自然の川が流れる音などが
心のリラックスを高めてくれて、副交感神経を活性化して
メラトニンの分泌を増やしてくれます。

 

寝るときの温度や湿度も熟睡に関係していて
快適な温度は、26度前後、湿度は60%と言われています。

 

暑い季節にエアコンの温度を下げて
朝までつけて寝ている人は、温度を26度に設定して
寝るようにしましょう。

 

寝る環境 温度

 

睡眠の質を高めるのに寝具も関係していて
睡眠中は、体温低下や発汗、寝返りを繰り返しています。

 

自分に合った寝具を選ぶことで
ぐっすりと眠ることができ、朝起きると疲れも
解消できます。

 

寝具は、保湿性や吸湿性、軽さは肌触りなど
自分に合った寝具を見つけるのも必要です。

 

 

寝る前のアルコールが熟睡できない原因に

寝る前や夜にアルコールを飲むことで
眠りやすい人もいるみたいですが
睡眠の質は良くない状態です。

 

寝る前 アルコール

 

アルコールによって体が麻痺している状態なので
習慣化している人は、睡眠リズムが崩れてしまい
睡眠の質が悪くなっていることも考えられます。

 

急にアルコールをやめるのは難しいので
飲む量を減らしたり、寝る前のアルコールは
控えるようにしましょう。

 

 

テレビやパソコンを寝る前にしない

 

寝る前にテレビやパソコン、スマホなどを
していると、画面から出るブルーライトが
メラトニンを減少させます。

 

寝る前 パソコン

 

そうなると、睡眠モードから脳が覚醒してしまい
睡眠の質が低下する原因になります。

 

寝る前にそんな習慣がある人は
少なくても1時間前には見ないように
しましょう。

 

おすすめは、本を読むことです。

 

本ならブルーライトも出なくて、ゆっくりとした時間を
感じながら、リラックスできるし、
交感神経が睡眠モードに切り替わりやすくなります。

 

 

ウォーキングなど運動をする

ウォーキングなど体を動かすことで
セロトニンが分泌しますし
体を疲れさせることで深い眠りにつけます。

 

ウォーキング

 

生活習慣病の予防やダイエットに
効果がありますし、睡眠の質を上げる
効果も期待できます。

 

毎日ウォーキングが難しい人でも
1週間に最低2回ぐらいは、1時間使って
有酸素運動を習慣にしましょう。

 

 

冷え症と不眠の関係も深い

冷え性の人は、手足が冷たいと
なかなか寝付けないことが多いです。

 

冷えは血行不良になり、手足の体温が下がるため
体が他の部分で体温を補おうとして、内臓の温度を
上げることで、寝付けの妨げになっています。

 

他にも自律神経が乱れることで冷えを促進して
いろんな病気にも発展する原因になります。

 

冷え性を解消するためにもぐっすり眠れるように
お風呂でゆっくりと入浴して体を温めてから
寝るようにしましょう。

 

入浴 体温める

 

 

タンパク質&脂質がメインの食生活の改善

 

から揚げなど揚げ物やステーキや焼き肉など
タンパク質や脂質を好んで食べている人は
睡眠の質を低下しています。

 

高カロリー食べ物

 

タンパク質や脂質が多い食べ物は
消化が悪いので、胃の中で長く停滞してしまい
寝てからも臓器が動くため眠りが浅くなります。

 

いかがでしたか?

 

自分に当てはまっている習慣を
一つ一つ改善することで、睡眠の質が良くなり
ぐっすり眠れることで夢も見なくなりますよ♪

 

 

でも、仕事が急がしかったり、予定が多い人は
そんな余裕がない人も多いですよね。

 

そして市販の睡眠薬を買って飲む人も多いとか。

 

睡眠薬を飲む前に試して欲しい方法があります。

 

 

睡眠薬に頼らずに熟睡できる方法とは?

 

睡眠薬を飲んでいる人や、これから飲もうとしている人に
お伝えしたいのが、睡眠薬は即効性がある反面、依存症に
なりやすいです。

 

他にも物忘れが酷くなったり、ふらつきや
不安感、イライラしたりと人それぞれ違う症状が
出ることもあります。

 

睡眠薬を飲み続けることで、仕事や生活にも
支障が将来出てくることも考えれば、
服用しない選択も考えてください。

 

そんな熟睡できない悩みの人にお勧めなのが
休息サプリメントの【北の大地の夢しずく】がオススメです。

 

北の大地の夢しずくは、休息成分を体の内側に
直接送り込むことで、スースー休める状態に
してくれます。

 

その秘密が北海道産のアスパラガスから
抽出された眠りを誘う成分エキスを液体にすることで
体内の吸収率を高めています。

 

アスパラギン酸の成分は、疲労回復やだるさも
解消してくれる成分なので、睡眠の質を上げる効果にも
良い影響を与えてくれると思います。

 

スティック状なので、家だけでなく外出先にも
持ち運びが簡単にできて、液体なので
水なしでも飲めるのがいいです。

 

こうした快眠サプリメントは、ぐっすり眠れるまでに
3ヶ月ぐらい時間をかけないと効果が出にくいのです。

 

北の大地のしずくは、単品で購入しても1日122円なので
他の快眠サプリと比べても断然安いのも魅力の1つです。

 

定期コースだとさらにお得に購入できるので
長く続けていく人には、経済的にも嬉しいサプリだと
思いました。

 

気になった人は、通販限定のみの販売になるので
下記の公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

↓ ↓ ↓

 

▼毎朝スッキリ快適な日々になれる!▼